語彙力がないからって頭が悪いって決めつけるなよバカが!

語彙力がないからって頭が悪いって決めつけるなよバカが!と怒っている人の言い分を紹介したあとに、語彙力がないと頭が悪いと思われる理由を冷静に紹介していきます。

語彙力がないからって頭が悪いって決めつけるなよバカが!

語彙力がないから、頭が悪いって思われていた人がバカにされて急にキレるのを目撃しました。そこで、その人に言い分を聞いたところ、「単語が出てこないからうまく喋れないだけで、頭の中で考えていることは賢いから、語彙力がないだけで頭が悪い扱いされるのはムカつく」とのことでした。このことをきっかけに、語彙力がないだけで頭が悪いと思われてしまうのはなぜなのかを細かく調査したので以下の記事を参考にしてください。できれば最初から最後まで順番に読んでほしいですが、以下の目次を使って気になるところだけ読んでいただいてもいいですよ。

    語彙力がないと頭が悪いと思われる理由

      語彙力ってなに?

      話が通じないから頭が悪い

        うまく話せないから頭が悪い

        間違った言葉を使ってしまう

        勉強ができないから頭が悪い

    語彙力がないのに頭が悪いと思われない方法

      わからない単語を聞く

      語彙力に頼らずスムーズに話す

        失敗をメモして語彙力をつける

        毎日、勉強をする

        勉強ができないから頭が悪い

語彙力がないと頭が悪いと思われる理由

語彙力がない人は、頭が悪いと思われがちです。なぜ語彙力がないと頭が悪いと思われるのでしょうか。本記事ではその理由を説明します。

語彙力ってなに?

語彙力とは、一般的に使われる単語をどれくらいよく知っているかの能力のことを指します。マニアックな単語を知らなくても語彙力がないとは思われませんし、マニアックな単語をいっぱい知っていても一般的な単語を知らないと語彙力がないとみなされます。また、知っていても会話ですぐに単語が出てこないと語彙力がない上に頭が悪いと思われがちです。

話が通じないから頭が悪い

語彙力がない人は話が通じないので頭が悪いと思われます。語彙力がないと単語がわからなくて、話の意味がわからないことがよくあります。一方で話している側は、まさか単語が知らなくて話が通じていないとは思わないので、話の内容が理解できないという意味で頭が悪いと思ってしまいます。

うまく話せないから頭が悪い

語彙力がない人は、適切な言葉を見つけることが難しいため、単語を思い出す時間が多く話せないことが多いです。単語を必死で思い出そうとしている間に、自分がしていた話も忘れてしまうので、話が脱線しやすく頭が悪いと思われてしまいます。

間違った言葉を使ってしまう

語彙力がない人は、間違った言葉を使うので、話や文章の意味がおかしくなり、頭が悪いと思われてしまいます。会話であれば誰でも言い間違いなどがあるので、語彙力がないとしてもすぐに頭が悪いとは思われません。しかし、文章だと語彙力がないと本当に頭が悪いと思われてしまいます。

文章力がないのは頭が悪いのが原因ではない!

勉強ができないから頭が悪い

語彙力がない人は、新しいことを勉強しようとしても意味がわからない単語のせいで全く学習が進みません。学習能力が低いと思われることが思われるので、頭が悪い人でもできる仕事ばかりを依頼され、いろいろなことを学ぶチャンスが減ってしまい、どんどん頭が悪い人になっていく悪循環に陥ります。語彙力がない人は勉強嫌いで、常識がない頭の悪い人だとみなされやすいので注意が必要です。

語彙力がないのに頭が悪いと思われない方法

語彙力がないからといって必ずしも頭が悪いわけではありません。ですから、語彙力がない人が頭が悪いと思われないようにする方法を紹介します。

わからない単語を聞く

語彙力がないせいで意味がわからない単語があったらすぐに意味を聞きましょう。聞く際には、「○○ってなんですか?」と聞くよりも「○○ってなんでしたっけ?」と聞き覚えはあるふりをしたほうが頭が悪いと思われにくいです。単語を知らない時点で頭が悪いと少しは思われてしまいますが、黙っていると余計に頭が悪いと思われてしまいます。

語彙力に頼らずスムーズに話す

語彙力がないと最適な単語が出てこないせいで話が詰まっていしまいますが、無理に思い出そうとすると黙ってしまうので、一番頭が悪いと思われます。とりあえず意味が通じそうな別の単語を使ったり、うろ覚えの単語を使ったりすれば、少しは頭が悪いと思われますが、全く話が進まない人よりは頭が悪いと思われません。

失敗をメモして語彙力をつける

語彙力がないせいで、言葉が出てこなかったり、間違った言葉を使ってしまったりした場合には、できるだけ早くメモしておきましょう。そして、それを見返して絶対に覚えるようにしましょう。一度間違えた単語を何度も間違えていると頭が悪いと思われてしまいます。語彙力がないなりに一生懸命話したり、書いたりすることで、小さな恥は書きますが語彙力をどんどん上げていけるので、語彙力がついて頭も少しずつ良くなります。

毎日、勉強をする

語彙力がない人は毎日少しずつでも勉強して語彙を増やしましょう。最優先で、実際に話を聞いたり、文章を読んでてわからなかった言葉のメモで勉強しましょう。その次に、自分が話したり、文章を書いたりするときに出てこなかった語彙を増やしましょう。その後で、今後、仕事や学校で使いそうな語彙を一つずつ調べて正確な意味を勉強し続けましょう。語彙力がない人にも程度の違いがあるので、少しでもマシになって頭が悪いと思われるのを避けましょう。

長所を伸ばす

語彙力がない人でも鋭い視点を持っている話をできたり、面白いトークをできたり、熱い話をできたり、と別の長所があると頭が悪いという印象よりも良い印象が上回ります。ですから、語彙力をつけるのが難しいと感じた場合は、別の長所を伸ばすための自己啓発に力を入れるのもおすすめです。語彙力がないことや頭が悪いことを隠そうとすると印象が悪くなるだけですが、素直に人から聞いて学ぼうという姿勢を見せれば、「頭が悪いけど、素直な人だ」「語彙力がないけど、悪い人じゃない」と好印象を持ってもらえます。

語彙力がないせいで頭が悪いと思われる人向けの記事

語彙力がない人は文章でも相手をイライラさせて、頭が悪いと思われることが多いです。しかし、文章力という長所を伸ばせば、語彙力がない人でも頭が悪いと思われずに、よい印象を与えることは可能なのです。逆に、語彙力もない上に文章力もない人がいたら、とてつもなく頭が悪い人だと思われているでしょう。

文章が下手な人にイライラする理由

文章力がないだけで頭が悪いと決めつけられる人も怒っていると思います。しかし、文章が下手だと頭が悪いと思われてしまうのは仕方ないですよね。以下に具体的な理由をまとめました。

文章が下手だと頭が悪いと思われる!